釜山で美容医療を受けるメリット ここから見る

韓国で二重整形手術〈埋没・切開〉費用は?それぞれのメリット・デメリット

日本人は欧米人に比べて、一重まぶたの割合が多く、男女ともその割合は7割程度であると言われています。

二重まぶたの割合は約3割程度。

顔のパーツの中でも目元が他人に与える印象は大きく、一重から二重にする “二重整形手術”の需要も多いです。
韓国では中学3年生が卒業プレゼントとして高校入学前に二重整形をするということも少なくありません。

医療技術の発達により、副作用も少なくなり手軽に整形をうける人が多くなってきているようです。

二重整形を考えているけど「どんな方法があるのか?」「費用はどのくらいするのか?」「どの手術方法がいいのか?」というお悩みをお持ちの方にそれぞれの特徴や価格などを解説してみたいと思います。

実は二重整形の方法も種類があり、メリットやデメリットがそれぞれにあります。

この記事はこんな方におすすめです。

  • 二重整形を検討されている方
  • 韓国での整形に興味がある方
  • 釜山での二重整形の相場(目安)が知りたい方
目次

二重整形の方法/メリット・デメリット

二重整形の方法は「埋没法」「切開法」、そして自然癒着があります。

それぞれのメリット・デメリットに加え、釜山で手術をうける場合の価格目安について下記に紹介します。

埋没法

埋没法はまぶたの内側を医療用の糸で数か所とめて二重を作る方法です。
メスを使わない=切らずに二重を作るため日本では「プチ整形」として人気を集めています。

埋没法の場合は腫れがひどくない場合、コンタクトも施術後3~7日目から使用することができます。(個人差あり)
クリニックや施術方法によっては症状が落ち着いていれば翌日から着用OKというところもあるほど体への負担は少ないのが特徴です。

ただしダウンタイムの症状(腫れ等)が顕著に現れている場合はコンタクトの着用をしばらく避けた方が良いでしょう。

先に体への負担が少ないのが特徴だと記載しました。
しかし、術後の綺麗な仕上がりを実現するためにもコンタクトレンズ着用やアイメイクは1ヵ月後から行うのが理想的です。
二重手術は比較的簡単な手術と捉えられますが、ご注意ください。

埋没法の種類は留める組織の位置と糸の留め方で術式を分けることができます。

糸をつなぐ位置の違い
瞼板法:まぶたの皮膚と瞼板を糸でつなぐ
挙筋法:まぶたの皮膚と挙筋(まぶたを引き上げる筋肉)を糸でつなぐ

糸の固定法での違い
(1針固定法・2針固定法・3針固定法)

通常1針固定法はまぶたが薄い/もとの二重ももっとくっきりさせたい人向けで、2針固定法はまぶたが厚め/幅の広い二重にしたい人向けです。

1針固定法の方が施術時間やダウンタイムも短く、費用も安く抑えることができますが、目をこすったりしたときに取れやすいので注意が必要です。
固定する箇所が多いほど、強度が増すため二重の持続はしやすくなります。

1針固定法・2針固定法・3針固定法といい、糸で固定する箇所数は医師の診察を通して決定します。

埋没法のメリットとデメリット

埋没法メリット
・ダウンタイムが短い
・費用が切開法より安い
・手術時間が短い
・やり直しがしやすい

埋没法でデメリット
・二重がとれる可能性がある
・持続期間が切開法より短い

埋没法は大きく4つのメリットと2つのデメリットを考慮しなければなりません。

メリット①ダウンタイムが短い

埋没法はまぶたにメスをいれない分、ダウンタイムは短いです。
埋没法のダウンタイムは約1~2週間ほどで切開法よりも早く通常生活に戻ることができます。

メリット②費用が切開法より安い

釜山で二重手術をする場合の費用目安

釜山での二重手術(埋没法)費用目安:8万円~15万円
釜山での二重手術(切開法)費用目安:10万円~30万円
目頭切開 費用目安:8~10万円
目尻切開 費用目安:8~10万円
目つき矯正(切開法) 費用目安:14~17万円
目つき矯正 (非切開法) 費用目安:13~16万円
再手術:要相談

費用は参考用です。
再手術の場合は写真や動画をドクターがみて大体の金額を案内してもらうことができます。

メリット③手術時間が短い

埋没法の手術時間は15~30分です。
釜山旅行のついでに気軽に手術できるところが埋没法のメリットです。

メリット④手術のやり直しがしやすい

もしも自分がイメージした二重まぶたにならなかった場合、抜糸をしてもう一度施術を受けることができます。
やり直し前提での手術は推奨できませんが、「もし自分の思う二重にならなかったらどうしよう」と不安な方にはメリットであると言えます。

デメリット①二重がとれることがある

まぶたをこすったときに糸がとれてしまうことがあります。
糸がとれると一重に戻ってしまうので十分に気を付けなければなりません。

デメリット②持続期間が切開法より短い

目安としては3~10年程度です。
数年のこともあれば10年以上もつことがあるので、持続期間は個人差があります。


日本ではまだ埋没法・切開法から施術方法を決めるというクリニックが多いですが、韓国では埋没法・切開法のいいところどりをした「自然癒着法」という施術方法を提案するクリニックもあります。
施術方法はほとんど埋没法と同じですが、まぶたの内側と皮膚の表面を糸で接続し二重の自然癒着を促し、ほどけにくい二重を作る施術方法です。
既存の埋没法は糸がほどけ二重がとれるという心配がありましたが、自然癒着法は二重がとれてしまう可能性が低いのが特徴です。

自然癒着法はまぶたの皮膚が薄い方、脂肪があまり多くない方などが向いている施術方法です。

切開法

まぶたにメスを入れて手術を行います。

切開法には「全切開」「部分切開」という2種類の方法があります。

切開法を選択する場合もメリット・デメリットを考慮し、自分に合った治療法を担当医と一緒に選択することが大切です。

全切開
相談して決めた二重の線に沿ってメスを入れ、脂肪等を除去した後に縫合し二重まぶたを作ります。
まぶたが分厚く、腫れぼったいまぶたの人に向いている施術方法です。

部分切開
相談して決めた二重の線の上で数ミリ~1㎝程度の部分切開を行い、縫い合わせたラインを二重にする方法です。
まぶたの厚みが薄く、腫れぼったさがない方に適した切開法です。

切開法のメリット・デメリット

切開法メリット
①二重が半永久で持続する
②埋没法ができない人もOK
③細かいデザインが可能


切開法デメリット
①ダウンタイムが長い
②修正が難しい
③費用が比較的高い

切開法の手術時間は約30~90分が目安です。
切開法は大きく3つのメリットと3つのデメリットを考慮しなければなりません。

メリット①二重が半永久で持続する

切開法はまぶたを切開して二重まぶたを作ります。そのため、二重は半永久で持続します。

メリット②埋没法ができない人もOK

埋没法の場合はまぶたが薄い人が手術が可能ですが、まぶたの厚みがある場合は埋没法で手術ができないことがあります。
切開法の場合はそのような方も手術をすることができます。
また、まぶたのたるみが気になる場合は切開をした時に脂肪吸引が一緒にできる場合があるので切開+脂肪吸引を担当医に相談してみるのも良いと思います。
部分切開の場合は一部の脂肪は除去ができますが、全切開ほどの除去はできないため合わせて確認が必要です。

メリット③細かいデザインが可能

切開法はデザイン性の高い施術方法で、埋没法ではできない細かいデザインにも対応が可能です。
埋没法でできなかった幅広の二重手術も切開法では可能になります。
くっきりとした二重をお望みの方にもおすすめされる施術方法です。

デメリット①ダウンタイムが長い

約1週間は内出血や腫れなどが続き、落ち着くまでは個人差がありますが平均して約2~3週間ほどかかります。
ダウンタイムはもともとのまぶたの厚み、希望する二重の幅
ドクターの技術
体質等でかわってきます。

デメリット②修正が難しい

二重のラインがとれにくくなる分、一度施術をすると元に戻せなくなり修正が難しいのが事実です。
細かいデザインのカウンセリングやシミュレーションを十分に行って医師と相談の上、施術をうけるようにしましょう。

デメリット③費用が比較的高い

釜山での二重手術(埋没法)費用目安:8万円~15万円
釜山での二重手術(切開法)費用目安:10万円~30万円

どの施術方法にするべきか?

どの施術方法もメリット・デメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットをよく考慮し担当医と相談して決めるのが賢明です。

まずはやり直しがきく埋没法を試してみるというのも一つの手です。
埋没法では糸がとれてしまった!などのケースで1年保証など保障期間を設けているクリニックもあります。

二重といっても二重の種類があり、1㎜の違いで印象に大きく関わってきます。
カウンセリングは納得いくまでしましょう。

手術を任せる美容外科や専門医のレベルによって結果が大きく変わるため、病院選びも慎重に行うことが大切です。

どうやって病院選びをすればいいの?という方は、下記記事もあわせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次